1. プロローグ おとしよりに「共同生活」の場を

    グループハウス「さくら」の誕生-粗末な現状に奮起

  2. 一緒にお墓に入る人募集――「さくら」の仲間たち

    八十五歳で乳ガンの手術を受けたMさん

  3. 「さくら」に来て、自分の時間がもてました――入居者たちのことば

    「さくら」にいれてもらって安心です‐小川さんの体が心配で…

  4. けんかもできるうちが花――グループハウス「さくら」の日常生活

    けんかもできるうちが花

最近の記事過去の記事

PR記事

一緒にお墓に入る人募集――「さくら」の仲間たち過去の記事

八十五歳で乳ガンの手術を受けたMさん

「さくら」の入居者で今八十九歳のMさんは、八十五歳の時自分で乳ガンを発見し、病院で先生に「…

あんたがポックリいったら……――「さくら」ができるまで過去の記事

六人の入居募集に六十四人の応募

工事もいよいよ終わりに近づき、完成の日どりもぼちぼち見えてきた頃、入居者を決めました。入居…

けんかもできるうちが花――グループハウス「さくら」の日常生活過去の記事

Tさんに一本とられたこと

洗濯機の音が二、三目前からおかしいと思っていたところ、ついにガクンといったまま動かなくなっ…
刊行にあたって

プロローグ おとしよりに「共同生活」の場を

けんかもできるうちが花――グループハウス「さくら」の日常生活

あんたがポックリいったら……――「さくら」ができるまで
  • 函館で生まれる
  • 北欧四力国(フィンランド・ノルウェー・デンマーク・スエーデン)視察
  • 資金の調達と設計依頼
  • ※グループハウス「さくら」の設計を担当して 小町治男
  • 「さくら」が完成・わが家の引っ鐙し
  • 六人の入居募集に六十四人の応募
  • 「さくら」のオープン
  • あんたがぽっくりいったら

一緒にお墓に入る人募集――「さくら」の仲間たち

「さくら」に来て、自分の時間がもてました――入居者たちのことば

グループハウス運営を目指す方々への堤言
あとがき

ピックアップ記事

  1. 一人暮らしと共同生活

    佐藤久良子(七十九歳) オーナーの小川さんからグループハウスの話を聞き、入居のさそいがかけられたの…
  2. 国の「高齢者グループリビング支援モデル事業」の第一号に-問い合わせ電話殺到!

    「さくら」が厚生省の「高齢者グループリビング支援モデル」の第一号に指定されてから、急に周りがにぎやか…
  3. けんかもできるうちが花

    何といっても生まれも育ちも異なり、その上、何十年と違った人生を歩いてきた人たちが一つ屋根の下で生活す…
  4. 夕食はボランティアさんの手で

    夕食は有償のボランティアさんが、自宅でつくって届けてくれます。ボランティアさんが都合でできないときに…
  5. Tさんに一本とられたこと

    洗濯機の音が二、三目前からおかしいと思っていたところ、ついにガクンといったまま動かなくなってしまいま…
  6. あとがき

    一九九七年六月、母の十三回忌法要のため、姉兄妹で函館に行ってきました。祖母が昔流の願掛けお百度詣りの…
ページ上部へ戻る