国の「高齢者グループリビング支援モデル事業」の第一号に-固からの認知、未来への展望開かれる

「さくら」は、これまで私が個人で運営してきました。今回、「さくら」に「高齢者グループリビング支援モデル事業」の国庫補助金――国と県から各二百万円合計四百万円――が支給されたことは、単年度限りとは言え、たいへん意義深いものと喜んでいます。寝たきりにならないようにしっかりと健康を管理し、高齢者が自立して、住み慣れたところで生き生きと安心して生活ができるように、国が認めた施設です。この意義は大きく、この制度がもっともっと充実したものになれば、日本の全国各地に「さくら」のような「グループリビング」が、無数にできると私は確信しています。
園、県から市を通じて「さくら」に国庫補助金が交付されると内示がありましたのは、この年(一九九六)の十一月でした。正式には、この事業の実施主体は浦和市ですから、国庫補助金はいったん浦和市が受け取ります。そして、この補助金は当然浦和市の議会に報告され、「在宅福祉推進事業費」の議決を受けて使用可能となりました。
支給された四百万円のうち、三百万円は「さくら」の台所をバリアフリーに改造、冷蔵庫、電子レンジ、掃除機などの備品の買い替えに使用しました。また、入居者のための「グループリビング支援プログラム作成委員会」が作られました。メンバーには、市役所、在宅介護支援センターの職員、保健婦、民生委員、入居者のかかりつけ病院の婦長と事務長、ボランティア、そして、経営者の私も加わり発足しました。
また、ボランティア連絡調整会も開催され、委員とボランティア、が一緒に他の市を視察し、今後の入居者の指導、地域での支援体制の在り方について研究が行われ、残りはその費用にあてられました。なお、この事業の実施主体である浦和市は、この効果、研究について、年度内に園に報告することが義務づけられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

関連記事

  1. 資金の調達と設計依頼

    前にも述べましたように、私はわが家の建て替えに合わせて、高齢者との共生の家を建設しようと考えていまし…
  2. 一人暮らしと共同生活

    佐藤久良子(七十九歳) オーナーの小川さんからグループハウスの話を聞き、入居のさそいがかけられたの…
  3. あとがき

    一九九七年六月、母の十三回忌法要のため、姉兄妹で函館に行ってきました。祖母が昔流の願掛けお百度詣りの…
  4. 国の「高齢者グループリビング支援モデル事業」の第一号に-問い合わせ電話殺到!

    「さくら」が厚生省の「高齢者グループリビング支援モデル」の第一号に指定されてから、急に周りがにぎやか…

ピックアップ記事

  1. 六人の入居募集に六十四人の応募

    工事もいよいよ終わりに近づき、完成の日どりもぼちぼち見えてきた頃、入居者を決めました。入居者の募集は…
  2. 「さくら」にいれてもらって安心です‐小川さんの体が心配です

    奥田敏子 私は今は体が悪く入院中です。私と小川さんは、ずっと前からの知り合いです。 いつも旅行に…
  3. 「さくら」の建て前を楽しみに待っていたOさん

    「さくら」の計画を応援し、完成を楽しみに待ってくれていた知人・友人は大勢いましたが、中でもOさんのこ…
  4. グループハウス「さくら」の誕生-粗末な現状に奮起

    私は、長く行政に関わってきた経験(浦和市議会議員)から、行政は必要と思うことでもすぐに実行に移せるも…
  5. 資金の調達と設計依頼

    前にも述べましたように、私はわが家の建て替えに合わせて、高齢者との共生の家を建設しようと考えていまし…
  6. あとがき

    一九九七年六月、母の十三回忌法要のため、姉兄妹で函館に行ってきました。祖母が昔流の願掛けお百度詣りの…
ページ上部へ戻る