八十五歳で乳ガンの手術を受けたMさん

「さくら」の入居者で今八十九歳のMさんは、八十五歳の時自分で乳ガンを発見し、病院で先生に「高齢でもあるし、薬とコバルト治療で様子を見ょう」と言われましたが、一日も早く元気になりたいので手術をして欲しい、と言って先生をびっくりさせた人です。
希望どおり手術をし、成功して今もたいへん元気です。そのMさんに手術の後しばらくして、
「傷が乾くとそこが引き吊って痛い。何とかならないだろうか」という相談を受けました。私はこれまで、ハーブで傷をなおしたと言う人の話も聞いていましたので、早速馬油にハーブのエッセンシャルオイルを何種類か混ぜ、傷が乾かないように少しずつ塗ってみるようすすめました。
Mさんが早速試してみると、あらあら不思議、だんだん楽になってきたと大喜び、今では傷跡もきれいになりました。また、体にハーブの香りが染み着いていて、Mさんが道を歩くと、すれ違った人が「いい香り」と、振り返ることがときどきあるそうです。
また、このところ「さくら」を見学に訪れる方が増え、その人達がよく壁に飾ってあるクラフトを見ては、
「きれいねー、どうやって作るのですか」とか、また、
「ハーブはどのようにお料理に使うのですか」などと聞かれると、私もつい黙っていられずに、
「これはアスパラに似ていますが、フェンネルと言って魚料理にとてもよく合うハーブです。フィッシュハーブとも呼ばれています。肉にはタイムをつけて焼けば風味がよくなります。ハーブティーは、レモングラスにレモンパームをいれると味がまろやかになります……」などと、ひとしきりハーブの講釈をすることになります。
近ごろでは、私の講釈を隣で聞いていたSさんが、
「ローズマリーは若返り、物忘れにも効きます。化粧水にもよく使われています」などと口をはさみ、見学の若いお嬢さん達をびっくりさせています。
今ではハーブは「さくら」の生活に欠かせないものとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

関連記事

  1. あとがき

    一九九七年六月、母の十三回忌法要のため、姉兄妹で函館に行ってきました。祖母が昔流の願掛けお百度詣りの…
  2. 六人の入居募集に六十四人の応募

    工事もいよいよ終わりに近づき、完成の日どりもぼちぼち見えてきた頃、入居者を決めました。入居者の募集は…
  3. 一人暮らしと共同生活

    佐藤久良子(七十九歳) オーナーの小川さんからグループハウスの話を聞き、入居のさそいがかけられたの…
  4. 国の「高齢者グループリビング支援モデル事業」の第一号に-問い合わせ電話殺到!

    「さくら」が厚生省の「高齢者グループリビング支援モデル」の第一号に指定されてから、急に周りがにぎやか…

ピックアップ記事

  1. 夕食はボランティアさんの手で

    夕食は有償のボランティアさんが、自宅でつくって届けてくれます。ボランティアさんが都合でできないときに…
  2. 一人では生きていられません、みんなのおかげです

    瀬和美子(六士一歳) 四年前に夫が亡くなってひとりぼっちになり、毎日泣いていました。 近所の人も…
  3. Tさんに一本とられたこと

    洗濯機の音が二、三目前からおかしいと思っていたところ、ついにガクンといったまま動かなくなってしまいま…
  4. あとがき

    一九九七年六月、母の十三回忌法要のため、姉兄妹で函館に行ってきました。祖母が昔流の願掛けお百度詣りの…
  5. 八十五歳で乳ガンの手術を受けたMさん

    「さくら」の入居者で今八十九歳のMさんは、八十五歳の時自分で乳ガンを発見し、病院で先生に「高齢でもあ…
  6. 「さくら」の建て前を楽しみに待っていたOさん

    「さくら」の計画を応援し、完成を楽しみに待ってくれていた知人・友人は大勢いましたが、中でもOさんのこ…
ページ上部へ戻る