「さくら」にいれてもらって安心です‐小川さんの体が心配です

奥田敏子

私は今は体が悪く入院中です。私と小川さんは、ずっと前からの知り合いです。
いつも旅行に連れて行ってもらったり、映画、お芝居、演説会に連れて行ってくれました。
私の前の入院の時も、自分の母親のように、お見舞いにきてくれました。いつも私のことを思ってくれています。
小川さんが、年寄りが入る下宿を作ると言ったとき、すぐに入れて欲しいと言いました。グループハウス「さくら」に来てからは、とてもうれしく、安心な毎日でした。でも、グループハウス「さくら」に入ってから、悲しいこともあります。それは、大切な小川さんをみんなが、小川さん小川さんと言って、自分がやれるのに忙しい小川さんに頼みごとをするからです。
小川さんは、人がいいからなんでもすぐやってくれます。話もじっと聞いてくれます。
「さくら」に入っているから、私は毎日小川さんに会えて声を掛けてもらえるけど、前よりはゆっくり話をする事が少なくなったと思います。みんなが話をするから、小川さんをみんなが頼りにしているからです。
小川さんは体をもっと休めて欲しいと思います。
早く治って「さくら」に帰り、みんなとまた一緒に生活がしたいです。

(奥田さんは、平成九年八月入院先の病院で亡くなりました。八十九歳でした)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

関連記事

  1. 資金の調達と設計依頼

    前にも述べましたように、私はわが家の建て替えに合わせて、高齢者との共生の家を建設しようと考えていまし…
  2. あとがき

    一九九七年六月、母の十三回忌法要のため、姉兄妹で函館に行ってきました。祖母が昔流の願掛けお百度詣りの…
  3. 六人の入居募集に六十四人の応募

    工事もいよいよ終わりに近づき、完成の日どりもぼちぼち見えてきた頃、入居者を決めました。入居者の募集は…
  4. 一人暮らしと共同生活

    佐藤久良子(七十九歳) オーナーの小川さんからグループハウスの話を聞き、入居のさそいがかけられたの…

ピックアップ記事

  1. 国の「高齢者グループリビング支援モデル事業」の第一号に-問い合わせ電話殺到!

    「さくら」が厚生省の「高齢者グループリビング支援モデル」の第一号に指定されてから、急に周りがにぎやか…
  2. あとがき

    一九九七年六月、母の十三回忌法要のため、姉兄妹で函館に行ってきました。祖母が昔流の願掛けお百度詣りの…
  3. グループハウス「さくら」の誕生-粗末な現状に奮起

    私は、長く行政に関わってきた経験(浦和市議会議員)から、行政は必要と思うことでもすぐに実行に移せるも…
  4. 国の「高齢者グループリビング支援モデル事業」の第一号に-固からの認知、未来への展望開かれる

    「さくら」は、これまで私が個人で運営してきました。今回、「さくら」に「高齢者グループリビング支援モデ…
  5. 「さくら」のお正月

    一九九一年、グループハウス「さくら」は、開設以来初めての新年を迎えました。私にとっても家族と別の共同…
  6. 資金の調達と設計依頼

    前にも述べましたように、私はわが家の建て替えに合わせて、高齢者との共生の家を建設しようと考えていまし…
ページ上部へ戻る