一人では生きていられません、みんなのおかげです

瀬和美子(六士一歳)

四年前に夫が亡くなってひとりぼっちになり、毎日泣いていました。
近所の人も声をかけてくれましたが、夜になると一人はこわくてこわくて寝られなく、大変でした。
毎晩のように、宗教に入れ入れと勧誘されて困っていたときに、「さくら」の小川さんに泣きついていれてもらいました。
私は運がいいです。夫が亡くなった日に偶然、小川さんから電話がかかってきたり、いいところに夫のお墓が見つかったり、「さくら」の部屋が空いたり、幸せです。
私はわがままだから、いつも余計なことを言って人を怒らせたりします。反省するのだけれどまたやってしまって、小川さんに怒られます。
一人ではやっていかれないことも、オーナーの小川さんを始め「さくら」のみなさんが助けてくれるから、生きていけるんです。
毎日、大正琴、ダンベル体操、歩こう会、奥の細道を学び歩く会、そしてボランティアにもいっています。みなさんいい人ばかりです。小川さんに二回も海外旅行に連れていってもらいました。
こんなに楽しく私は暮らしています。
亡くなった夫も、私がこんな暮らしをしていることを知ったら、きっと喜んでくれると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

関連記事

  1. 一人暮らしと共同生活

    佐藤久良子(七十九歳) オーナーの小川さんからグループハウスの話を聞き、入居のさそいがかけられたの…
  2. 資金の調達と設計依頼

    前にも述べましたように、私はわが家の建て替えに合わせて、高齢者との共生の家を建設しようと考えていまし…
  3. あとがき

    一九九七年六月、母の十三回忌法要のため、姉兄妹で函館に行ってきました。祖母が昔流の願掛けお百度詣りの…
  4. 国の「高齢者グループリビング支援モデル事業」の第一号に-問い合わせ電話殺到!

    「さくら」が厚生省の「高齢者グループリビング支援モデル」の第一号に指定されてから、急に周りがにぎやか…

ピックアップ記事

  1. 六人の入居募集に六十四人の応募

    工事もいよいよ終わりに近づき、完成の日どりもぼちぼち見えてきた頃、入居者を決めました。入居者の募集は…
  2. 夕食はボランティアさんの手で

    夕食は有償のボランティアさんが、自宅でつくって届けてくれます。ボランティアさんが都合でできないときに…
  3. 資金の調達と設計依頼

    前にも述べましたように、私はわが家の建て替えに合わせて、高齢者との共生の家を建設しようと考えていまし…
  4. Tさんに一本とられたこと

    洗濯機の音が二、三目前からおかしいと思っていたところ、ついにガクンといったまま動かなくなってしまいま…
  5. あとがき

    一九九七年六月、母の十三回忌法要のため、姉兄妹で函館に行ってきました。祖母が昔流の願掛けお百度詣りの…
  6. グループハウス「さくら」の誕生-粗末な現状に奮起

    私は、長く行政に関わってきた経験(浦和市議会議員)から、行政は必要と思うことでもすぐに実行に移せるも…
ページ上部へ戻る