カテゴリー:あんたがポックリいったら……――「さくら」ができるまで

  • 六人の入居募集に六十四人の応募

    工事もいよいよ終わりに近づき、完成の日どりもぼちぼち見えてきた頃、入居者を決めました。入居者の募集は、いつものように「この指止まれ」方式で行いました。当時はバブルの絶頂期で、都市部ではいたる所で古いアパートや家が壊され、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 資金の調達と設計依頼

    前にも述べましたように、私はわが家の建て替えに合わせて、高齢者との共生の家を建設しようと考えていましたので、建物は三階にしてその中に私たち家族五人の生活スペースと、ほかに数人の入居者が共同生活をする場をと考えていました。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社 東峰書房 〒102-0074 東京都千代田区九段南4-2-12
TEL 03-3261-3136/FAX 03-3261-3185

ピックアップ記事

  1. 八十五歳で乳ガンの手術を受けたMさん

    「さくら」の入居者で今八十九歳のMさんは、八十五歳の時自分で乳ガンを発見し、病院で先生に「高齢でもあ…
  2. 一人では生きていられません、みんなのおかげです

    瀬和美子(六士一歳) 四年前に夫が亡くなってひとりぼっちになり、毎日泣いていました。 近所の人も…
  3. 国の「高齢者グループリビング支援モデル事業」の第一号に-固からの認知、未来への展望開かれる

    「さくら」は、これまで私が個人で運営してきました。今回、「さくら」に「高齢者グループリビング支援モデ…
  4. 国の「高齢者グループリビング支援モデル事業」の第一号に-問い合わせ電話殺到!

    「さくら」が厚生省の「高齢者グループリビング支援モデル」の第一号に指定されてから、急に周りがにぎやか…
  5. 一人暮らしと共同生活

    佐藤久良子(七十九歳) オーナーの小川さんからグループハウスの話を聞き、入居のさそいがかけられたの…
  6. 「さくら」にいれてもらって安心です‐小川さんの体が心配です

    奥田敏子 私は今は体が悪く入院中です。私と小川さんは、ずっと前からの知り合いです。 いつも旅行に…
ページ上部へ戻る