カテゴリー:一緒にお墓に入る人募集――「さくら」の仲間たち

  • 八十五歳で乳ガンの手術を受けたMさん

    「さくら」の入居者で今八十九歳のMさんは、八十五歳の時自分で乳ガンを発見し、病院で先生に「高齢でもあるし、薬とコバルト治療で様子を見ょう」と言われましたが、一日も早く元気になりたいので手術をして欲しい、と言って先生をびっ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「さくら」の建て前を楽しみに待っていたOさん

    「さくら」の計画を応援し、完成を楽しみに待ってくれていた知人・友人は大勢いましたが、中でもOさんのことは忘れられません。当時Oさんは七十八歳くらいでしたが、もとは文部省の上級職員で、正義感の強い、自分の意見をしっかりと主…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社 東峰書房 〒102-0074 東京都千代田区九段南4-2-12
TEL 03-3261-3136/FAX 03-3261-3185

ピックアップ記事

  1. 一人暮らしと共同生活

    佐藤久良子(七十九歳) オーナーの小川さんからグループハウスの話を聞き、入居のさそいがかけられたの…
  2. けんかもできるうちが花

    何といっても生まれも育ちも異なり、その上、何十年と違った人生を歩いてきた人たちが一つ屋根の下で生活す…
  3. 「さくら」にいれてもらって安心です‐小川さんの体が心配です

    奥田敏子 私は今は体が悪く入院中です。私と小川さんは、ずっと前からの知り合いです。 いつも旅行に…
  4. グループハウス「さくら」の誕生-粗末な現状に奮起

    私は、長く行政に関わってきた経験(浦和市議会議員)から、行政は必要と思うことでもすぐに実行に移せるも…
  5. 国の「高齢者グループリビング支援モデル事業」の第一号に-問い合わせ電話殺到!

    「さくら」が厚生省の「高齢者グループリビング支援モデル」の第一号に指定されてから、急に周りがにぎやか…
  6. 六人の入居募集に六十四人の応募

    工事もいよいよ終わりに近づき、完成の日どりもぼちぼち見えてきた頃、入居者を決めました。入居者の募集は…
ページ上部へ戻る