アーカイブ:2013年 12月

  • あとがき

    一九九七年六月、母の十三回忌法要のため、姉兄妹で函館に行ってきました。祖母が昔流の願掛けお百度詣りの末に生まれたと言う母と、十四歳離れた弟・私たちの叔父もまた、七年前母の命日に亡くなりました。 「因縁だろうか。仲のよか…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 一人では生きていられません、みんなのおかげです

    瀬和美子(六士一歳) 四年前に夫が亡くなってひとりぼっちになり、毎日泣いていました。 近所の人も声をかけてくれましたが、夜になると一人はこわくてこわくて寝られなく、大変でした。 毎晩のように、宗教に入れ入れと勧誘さ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 一人暮らしと共同生活

    佐藤久良子(七十九歳) オーナーの小川さんからグループハウスの話を聞き、入居のさそいがかけられたのは、夫の死後、一人暮らし数年目でした。 暮らしもいろいろ変わり、一人暮らし、息子の家族との同居、また一人と繰り返してい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「さくら」にいれてもらって安心です‐小川さんの体が心配です

    奥田敏子 私は今は体が悪く入院中です。私と小川さんは、ずっと前からの知り合いです。 いつも旅行に連れて行ってもらったり、映画、お芝居、演説会に連れて行ってくれました。 私の前の入院の時も、自分の母親のように、お見舞…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 八十五歳で乳ガンの手術を受けたMさん

    「さくら」の入居者で今八十九歳のMさんは、八十五歳の時自分で乳ガンを発見し、病院で先生に「高齢でもあるし、薬とコバルト治療で様子を見ょう」と言われましたが、一日も早く元気になりたいので手術をして欲しい、と言って先生をびっ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「さくら」の建て前を楽しみに待っていたOさん

    「さくら」の計画を応援し、完成を楽しみに待ってくれていた知人・友人は大勢いましたが、中でもOさんのことは忘れられません。当時Oさんは七十八歳くらいでしたが、もとは文部省の上級職員で、正義感の強い、自分の意見をしっかりと主…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 六人の入居募集に六十四人の応募

    工事もいよいよ終わりに近づき、完成の日どりもぼちぼち見えてきた頃、入居者を決めました。入居者の募集は、いつものように「この指止まれ」方式で行いました。当時はバブルの絶頂期で、都市部ではいたる所で古いアパートや家が壊され、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 資金の調達と設計依頼

    前にも述べましたように、私はわが家の建て替えに合わせて、高齢者との共生の家を建設しようと考えていましたので、建物は三階にしてその中に私たち家族五人の生活スペースと、ほかに数人の入居者が共同生活をする場をと考えていました。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Tさんに一本とられたこと

    洗濯機の音が二、三目前からおかしいと思っていたところ、ついにガクンといったまま動かなくなってしまいました。やっぱり寿命か、もう無理かなあと思いながらも、近所の電気屋さんにみてもらうことにしました。 すぐに来てくれた電気…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • けんかもできるうちが花

    何といっても生まれも育ちも異なり、その上、何十年と違った人生を歩いてきた人たちが一つ屋根の下で生活するのですから、考えや意見のくい違いで時にはけんかがあっても当然、なかったら嘘だと思います。夫婦や嫁姑、血を分けた親子や兄…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社 東峰書房 〒102-0074 東京都千代田区九段南4-2-12
TEL 03-3261-3136/FAX 03-3261-3185

ピックアップ記事

  1. 一人では生きていられません、みんなのおかげです

    瀬和美子(六士一歳) 四年前に夫が亡くなってひとりぼっちになり、毎日泣いていました。 近所の人も…
  2. グループハウス「さくら」の誕生-粗末な現状に奮起

    私は、長く行政に関わってきた経験(浦和市議会議員)から、行政は必要と思うことでもすぐに実行に移せるも…
  3. 「さくら」の建て前を楽しみに待っていたOさん

    「さくら」の計画を応援し、完成を楽しみに待ってくれていた知人・友人は大勢いましたが、中でもOさんのこ…
  4. 資金の調達と設計依頼

    前にも述べましたように、私はわが家の建て替えに合わせて、高齢者との共生の家を建設しようと考えていまし…
  5. けんかもできるうちが花

    何といっても生まれも育ちも異なり、その上、何十年と違った人生を歩いてきた人たちが一つ屋根の下で生活す…
  6. 六人の入居募集に六十四人の応募

    工事もいよいよ終わりに近づき、完成の日どりもぼちぼち見えてきた頃、入居者を決めました。入居者の募集は…
ページ上部へ戻る